100均で十分!ダイソーの長方形椅子脚カバー『すべる床キズ防止シール』

おすすめ商品

各メーカーから長方形の椅子脚カバーが販売されていますが、なかなかサイズがぴったり合うものってないですよね。

わが家の子ども用踏み台の脚は、細長い形をしており、色々試しましたがジャストサイズが見つからず、すぐ外れてしまうこともありました。
踏み台を買ったとき付いてきたフェルトシートも付けていましたが、いつの間にかボロボロに…。

そこで理想の椅子脚カバーを探し、出会ったのがダイソーの『すべる床キズ防止シール』。

良かったポイントが4つ!
①安い ②椅子の形に合ったサイズに切れる ③滑りがなめらか ④ホコリが付きにくい

本記事では、子ども用の踏み台に装着し、実際に6か月間使ってみた使用感や注意点をご紹介しています。

実際に使ってみた使用感

サイズ感

こちらの商品のサイズが、2㎝×7㎝。
わが家の踏み台は、タンスのゲンの『現役ママが考えた踏み台』を使用しています。

踏み台の脚には少々大きかったので、ハサミでカットして装着しました。

滑りやすさ

床と接地する部分の素材がつるつるなので、滑りがなめらかです。

わが家の踏み台は木製なので、重さが約4.8㎏ありますが、子どもでも簡単に押せるほど楽に移動できます。

ホコリの付きにくさ

一度も拭き取りをしていない現在の椅子脚カバーシールです。

床との接地面につるつるの素材を使用しているので、ホコリが付きにくく、今のところ掃除をせずに済んでいます。

6か月使用してみた耐久性

使用頻度は、子どもが1~2m範囲内を1日2回程持ったり押したりしています。

装着当初と比べて6か月間経つと、端の方がよれてきていますね。
耐久性においては、シールなので限界があるようです。
でもまだまだ使える劣化具合で、使用感も今のところ変化はありません。

もしボロボロになってしまっても100円なので、また買い替える予定です。

注意点

滑りが良すぎて、踏み台が動いてしまうことも!

子どもが踏み台に乗ったまま何か遠くのモノを取ろうとしたとき、滑りやすさが仇となり、勢いで踏み台が動いてしまうことがあります。

子どもは立っている状態なので、バランスを崩しそうになることがありました。
※わが家のキッチンマットが透明のビニール素材というのも原因かも…?

現在はシールの劣化具合がちょうど良い滑り止めになったのか、あまり危険な瞬間をみたことがないのですが、使用時の始めは、大人が側にいる状態で使ってください。

脚の形が〇や正方形の場合はこちらもおすすめ!

わが家のダイニングチェアの脚は正方形なので、こちらを使用していますが、これがめっちゃ良い
滑りやすさは勿論のこと、シリコンなので耐久性があり外れにくいのと、洗えるのも嬉しいポイント。

サイズ展開も多いので、ほとんどの丸型や正方形型の椅子脚には合うと思います。
わが家の踏み台に合うサイズはなかったのですが、長方形型もあります。

サイズがばっちり合えば、とても使い勝手の良い商品です。

まとめ

フェルトの椅子脚カバーシールを使っていたときは、劣化も早いし、ホコリもよく付いて、プチストレスでした。

こちらの商品に変えてからは、プチストレスが開放されたのと、床を守りながら子どもも楽に移動しやすくなったので、満足の商品です。

100均なので手軽に試せるのも良いですね。
長方形型の椅子脚カバーをお探しの方はこちらも検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました